休職期間間際になっても会社が復職に応じないため、直接交渉したが、結局合意退職(会社都合)となった事案

事案
精神疾患により休職。主治医OK、産業医OKだが、会社がうつ病の再発可能性と協調性のなさを重視して、難色を示していた。休職期間3ヶ月を1年に延長。復職を求めてユニオンで団交をしていた事案。
休職期間満了時に自動退職とされた。

選択した手続き
復職を求めての会社との直接交渉
(当初、ユニオンと団交に同席→退職取扱い後は会社側弁護士と交渉)

解決
会社からは、裁判は避けたいので裁判外の和解で解決できないか、との申入れあり。本人が復職に固執しなかったため、結局、和解で解決。
数ヶ月分の解決金で会社都合の合意退職に。

銀座通り法律事務所では、個人・法人を問わず法律相談を受け付けています。

初めての方もお気軽にお問い合わせ下さい。