あたたかく誠実で社会に開かれた法律事務所をめざします。
銀座通り法律事務所
 特集 ― 相続・遺言3「公正証書遺言の作成費用」

【公証人に支払う費用】

 公証人に支払う費用は、日本公証人連合会のホームページをご覧ください。財産の相続や遺贈を受取る人ごとに財産の価格を算出しこれを合算しますので、単純ではありません。病院での作成のように公証人役場以外での作成は5割増しとなります。1億円の財産を数人に相続又は遺贈する時の公証人役場に支払う費用は8~15万円位とお考え下さい(遺言の中味によって多少異なります)。

【弁護士に支払う費用】

 公正証書遺言作成の弁護士費用について日本弁護士連合会は報酬基準を次のとおり定めていました。ただしこの基準は廃止されました。これを基準に弁護士と依頼人が協議して定めています。
 公正証書作成における弁護士に支払う費用は、通例30万~50万円(消費税別)です。

分類 弁護士報酬(手数料)の額
定型   10万円以上20万円以下
非定型 基本 経済的な利益の額が
300万円以下の場合20万円
300万円を超え3000万円以下の場合2%+17万円
3000万円を超え3億円以下の場合0.3%+38万円
3億円を超える場合0.1%+98万円
特に複雑又は特殊な事情がある場合 弁護士と依頼者との協議により定める額
公正証書にする場合 上記の手数料に3万円を加算する

← 相続・遺言トップに戻る